--

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

17

2012

コメント

水槽の掃除

ブログテンションあがってます!
書きたい時に書かないと、更新できませんから!
素人の無駄話ですが、おつきあいを

サンゴ全滅というファーストインパクトの後、復興に時間がかかっている訳ですが
その間も最低限のメンテはしていたんですよ.

水槽のこけ取りと換水だけですけどね.当時の水槽はとろろ藻の繁殖がすごい状態でした.1週間もすると水槽内の観察ができなくなるくらいの勢いで成長するんです.水槽面の掃除だけなら今より頻度が高いくらいでした.

ガラス面の藻をスクレーパーで削ったり、ライブロックに生えている藻をちぎったりの毎日でした.








タナベ:「先輩・・・毎週、藻の掃除しているけど、いつまでこんなこと続けないといけないんでしょうかね?早くミドリイシの楽園がみたいですね.」

ハチ:「水槽だって小さな生態系なんだから、俺たちの仕事に終わりはないんだよ・・・ いつになってもデブリ屋は必要なのさ.」

タナベ:「でも、こんな勢いでデブリが増えてくると、ミドリイシなんてあっという間に破壊されちゃいますよ・・・」

ハチ:「それもそうだな・・・掃除直後は水槽の中がデブリで濁るのも、ミドリイシに悪そうだしなあ..少しすると漂うデブリも無くなるんだが、藻は数日で元にもどるよなあ」

タナベ:「でも、デブリが無くなれば水槽の中も奇麗になるんだし、ミドリイシの楽園目指してがんばりましょっ!」



タナベ:「それにしても海水に漂うデブリってどこにいっちゃうんですかね?


ハチ:「?
??
???


「はっ!?  
ケスラーシンドローム・・・

なんて会話が実際あったのかわかりませんが、(たぶんありません)
掃除で水中を漂う藻はそのままではまずい訳です・・・特にトロロ藻養殖工場と成り果てた我が家では
浮遊した藻の一部がライブロックに満遍なく付着して再び成長しそうですから.掃除のつもりが種まきしてたなんて、つらすぎます.

それに気がついた私は、デブリ回収船の導入を検討しました.

デブリ回収船1号
IMG_5081 (2)
IMG_5083 (2)

材料:ホームセンターで購入したスクレーパー300円也(工事現場でつかうのかなあ?一応ステンレス製)
100均で購入したジョーロの口
プラ版
パテ

これね・・・自分で作ったんだよ・・・
角なんて、ヤスリかけて曲面にしてさ・・・
塗装もしましたよ.鏡面に近くなる様に下地処理して、グラデーション塗装して
気合い入ってましたねえ.この時期は
削りとった藻を海水ごと取り出せばいいと思いまして、スクレーパーにこんなの取り付けてみました.
ここにホースを接続しまして、サイフォンの原理で、海水を吸い出していくのです.削った藻は海水とともに水槽の外へなんてことを考えていまして.

結果
脇からこぼれていくデブリ多数・・・

ハチ:「失敗だ・・・この船の能力では全てのデブリなんて回収できない!」



デブリ回収船2号
IMG_5087 (1)
IMG_5086 (1)

材料:1号に同じ!

タナベ:「1号に比べて随分貧相ですね・・・先輩」
ハチ:「中の人の心が折れたみたいだぞ・・・うまくデブリが回収できたら外装強化も考えてくれるってよ」
・・・
・・

タナベ:「先輩!デブリ回収率90%です.成功です!」

という訳で、我が家の水槽掃除で大活躍のデブリ回収船2号
一回の掃除で、汲み出される海水はおよそ150ℓです.
今は10日に一回程度の掃除なので、1ヶ月でおよそ450ℓの換水になりますね

2号機今でも使ってます!外装強化(塗装)の予定はありません.

IMG_5088.jpg
実際は水槽の中で使います.
スポンサーサイト

03

16

2012

コメント

プチリセット その2

前回は久しぶりの更新でした.
水槽を我が家に迎える時、どうせならフルセットで導入しようと思いっていました.いろいろと相談に乗ってくれたショップに設置まで依頼したのですが、当時の設備としては完璧に近いものが組めたと思ってました.
IMG_5061.jpg


「見事だな!しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。
そのモ◯ルスーツの性能のおかげだということを忘れるな!」


なんて言われようが、ミドリイシを維持したかったんですよ・・・
ところがまさかのミドリイシ全滅ですもん.

「…僕が一番ガ◯ダムをうまく使えるんだ。一番、一番うまく使えるんだ…」

なんて、かの方はおっしゃってますがね、
あれ、どうも本当じゃないらしいです.
経験つまないとうまくいかないみたい.



というわけで、地道に経験をつんでいくしかミドリイシの楽園は築けないということがわかりました、
まあ、大型水槽なら毎日の変化は少ないし、案外楽にいけるんじゃね?とか甘いこと考えてましたけどね.ベテランの方には、その設備で飼えないのが信じられないよ なんて声が聞こえそうですが・・・


偉大なる先人達の戦いによって、アクアリウムの世界も日々飼育技術は進歩しているわけで
その流れに乗らないわけにはいきません.ただ、私・・・新しもの好きの対局の性格でして
ある程度成熟した技術が好きなんです.今回のリセットでは、バイオペレットを導入しました.

IMG_5068.jpg

あ、配管があまり美しくないですけど、素人の工作ですのでご容赦を
導入前の水質検査では硝酸塩0.00 リン酸塩0.05でしたが、バイオペレットを初めてから短期間でリン酸塩が0.01まで低下しています.
ただ困ったことに海水が時々白濁するんです.白濁の原因はバクテリアの過剰増殖なんですよね.
導入初期に一度白濁した後はしばらくよかったんですが、最近また白濁が目立ってきました.
IMG_5054.jpg
わかるかなあ・・・側面からの写真ですけど、白濁で見通しが悪くなってます.

何事も過剰な状態は良くないことと思われ・・・人間ほどほどが良いですよね
というわけで、原因究明です.

1.炭素源の過剰添加
最近、レッドシーのリーフエナジーA,Bを添加するようになりました.
リーフエナジーA、Bを1:2の割合で毎日投与してました.
リーフエナジーAの内容は炭水化物らしいので、水槽内に炭素源を投与しているわけですね.
バクテリアも栄養が増えたので太っちゃったと

2.スキマーの不調
リーフエナジー投与後、スキマーがオーバースキム状態になりました.
スキマーにはオートワッサーがついているんですが、泡のせいでしょっちゅうスキマーが止まります.
バイオペレットでは、常時スキマーでバクテリアを取り除く必要がありますから、これではバクテリアが増加する一方です.

リーフエナジーの投与が直接の原因でしょうかね.炭素減の投与はバイオペレットからも行われているでしょうから、リーフエナジーAの投与量を減らして行こうと思います.

こういう試行錯誤って楽しいですよねえ.ミドリイシさえ調子を崩さなければ・・・

03

12

2012

コメント

復活!

最後の記事から2年半もたってるなんて!
いろいろありまして、ミドリイシ達はほとんどが☆に><
手入れもおろそかになって、水槽は藻の養殖場になってました.
魚たちがいるので、手を入れないわけにはいかず、テンションは最低のままずーっと藻の刈り取りだけしてました.
ブログ付けてたよなあ・・・
でも、水槽きたないし・・・
と、更新の意欲すら無いままに、時間だけが過ぎてゆくううううう
アクア歴だけが立派になっていく中で、実力は変わらず初心者のまま
まずいですね

またミドリイシを入れたいとの思いはありましたけどね.なかなか実行に移せず.ずるずると来てしまいました.

ちょっとしたことから、ミドリイシ熱が再発しまして、重い腰をあげることに・・・
プチリセットとしてライブロック全入れ替えしましたよ
で、今回のリセットの課題は?

ライブロックが崩れないようにすること

サンゴの配置中にライブロックって崩れません?隙間なくライブロックを置けば崩れにくいんでしょうけどね.それじゃ水流が淀む所が出ちゃいますからね.
十分な水通りを維持し、なおかつ多少のことでは崩れないレイアウトを!しかも斬新な!

よーし、がんばるぞー!
なんといってもテンション上昇中だからね!




・・

・・・






うん、無理!

そんな技術もセンスもありませんでした.水通りを考えて枝状ライブブロックを用意したんですけどね.
レイアウトが更に難しくなりました.隙間が全くないただの棒たちの塊しかできません.丸太置き場ですか、ここ?って感じで、全くもって かっこ良くない.
しかもすぐ崩れるし・・・
目指したのは、サンゴなんて無くても絵になるライブロックレイアウトではなかったのか!
(いや、ちょっと目指す方向違うでしょ・・・)

これではダメだと思い、色々考えた末に思いつきましたよ

こうなったらライブロックをくっ付けちゃえば良いんじゃね?

そうと決まれば、後はその方法です.どこかでライブロック同士を接着してる人がいたのを思い出して、グーグル先生に聞いたところ、便利なものを発見!

リーフボンド!
P1010898.jpg

説明によると、「海水中でも有毒な物質の溶け出しが無いセメントです!」
いいじゃないですか・・・
早速、2kg程購入


P1010899.jpg

見た目はセメントそのもの(写真は開封後2ヶ月経過してますので、所々塊があります)
規定の水をまぜてコネコネ・・・適度な硬さ(耳たぶくらい?)になるまで水の量を調整して完成
ライブロック同士を接着します
15分程で硬化しますが、硬化は徐々に硬くなるのではなく、ある程度経過したところで急に硬くなる感じ
10秒、20秒単位で硬さが突然変わります.そこからは多分、時間の問題
硬くなった塊をコネれば再び接着に使う硬さになりますが、硬化が始まってからコネたものは強度が落ちている印象がありました.(なのでそれ以降は硬化が始まってしまってからの残りは、サンゴの欠片の土台に使用してます)
エポキシ系のものと違い、完全に硬化するまでは接着能力ゼロのためライブロックを固定しておく必要があります.
単価は高いですが、1kg、500gと量が多いため容積当りのコストは低いですよね.
で、ライブロック20kg分を5つのパーツに分けて接着しました.
理想の形からどんどん離れて行きますが、結構楽しかったですよ.
ただ、加水してから10-15分で硬化終了のため、少量づつの作業になります.ひとつ着けて休憩し、またコネコネして接着して・・・と、時間がかかるのが難点かな
全部終わるのに1週間かかりました.溶け出しが無いとはいえ、セメントですしねえ
発砲スチロールに海水ためてそこでセメントのアク抜きをしてから、水槽に投入しました.
P1010842 (1)
ガラス面の苔掃除してなかったので、汚い水槽ですがごめんなさい

07

14

2009

コメント

スミレヤッコ、シマヤッコ海入

5月30日 シマヤッコ(5cm)到着
6月13日 スミレヤッコ(2.8cm)到着
2匹を検疫、餌付けのため 60cm水槽にてキープしていたが
水槽前に立つとライブロックから姿を出し、水面まで泳いで餌を捜すようになっていた.
本水槽への放流の準備完了と考え、昨日、本水槽に隔離ボックスを設置し海入となった.
本日、お見合い終了し、放流
ライブロックに入ったまま姿がみえません・・・

本水槽の方は・・・
フローアクセラレータという、水流増強のための器具を取り付けた.
この器具に似たものにストロングウェーブモーション(SWM)というものがあるが、
フローアクセラレータの方は3つの関節をもつため、若干であるが向きの変更が可能である.
効果の程はというと・・・
底砂巻き上がり過ぎ(笑)

そのせいかSCWDが一台不調になった(泣)
いくつかの底面吹き出し口の向きを変更し、底砂の巻き上げを低減させたが、
理想とする水流から遠ざかったかな

しかし、ブルーハーバーの和田さんにも言われた事であるが、
私の住む地域には、本格的な海水魚ショップがなく、マリンアクアリウムの僻地なのである
年に2-3回の出張で、生体を購入する以外は通販の利用が主な入手先
写真のみでの生体選びだけではおのずと、テンションもさがると言うもの.
恐らくこれ以上の水槽は私には無理であろうという180cm水槽を設置したものの
水槽の中は寂しいかぎりである.
まぁ、気長に行くのも良いのだが、テンション維持のためには定期的な生体導入が必要というもの
今後はミドリイシに注力したいところである.

07

10

2009

コメント

ライブロックの組み替え

水槽設置の際に、水槽を設置いただいたブルーハーバーの和田さんに
ライブロックまで組んでいただいた.
やはりプロの組み方は参考になると感心していたが、底面吹き出し口の場所との兼ね合いで
底砂が時々巻き上がる
勿論、吹き出し口の向きを変更すれば良いのだろうが、まだ生体も少ないこともあり、ライブロックの
組み替えを行った.

ポリプを出さなくなって久しいスギノキミドリイシであるが、残念ながら☆になってしまったようだ.
光の当たらない面に苔が付き始めた.ただし、光のあたる面は真っ白ではあるが、苔が全く付いておらずもう少し水槽内に放置する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。